副露海图

麻雀の鳴きを研究するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

#4 ポンより始めよ

役牌+数牌トイツが2つあるような形でポンできる牌が出た場合
後付けを見ながら、トイトイまで見て仕掛けることがあります
ポンから仕掛けた後付けは、チーしない限り常にトイトイの可能性があります

東一局 南家 3巡目  ドラ9p
[1]
 出る 
白バックの仕掛けですが、2pポンのようにポンからしかけた後付けは
トイトイまで発展する可能性が残っています

[2]
 ツモ    
7sより先に、68sが重なったパターンです
例の形なら発を切ればトイトイまで見える形です

[3]
 ツモ   
68sが重なるより先に順子がひとつできた場合も、
一盃口の形からトイトイへ発展することがあります


東一局 東家 7巡目 ドラ1s
[4]
 ツモ   
白バックドラ3で仕掛けたところ、裏目の9mをツモってしまいました
4pを切れば、1pツモでチャンタを狙いつつ
最高形でトイトイ三暗刻まで狙える形です

スポンサーサイト

PageTop

#3 災いを転じて

前回の記事のように、クイ三色の仕掛けは裏目をひいたら
クイタンにいけることが多いです
それに対して、クイ一通の仕掛けの場合は、
裏目をひいたら染めにいけるパターンがあります

[1]
WS00005.jpg
一通ドラ2か三色ドラ2をみて、2mチーを仕掛けてみました
136sの形は、裏目5sでも135sになりドラを使える形になるので6s切り

[2]
WS00006.jpg
ドラを重ねて、一通ドラ3が見える形になりました

[3]
WS00007.jpg
8mをポンして、一通ドラ3でテンパイです
ここから裏目の7mをひいた場合、
3sを落として、チンイツドラ1が狙え
跳満への打点UPの足がかりと考えることもできます

PageTop

#2 次善の策

タンヤオや混一色など、役の確定した仕掛けが理想です
しかし、常にそういった仕掛けができるとは限りません
他家の攻めに間に合わせるために、片上がりの仕掛けをすることもあります
最善は、片上がりであがれることですが、
最悪裏目を引いても、タンヤオなどが狙えれば
攻めを途切れさせず仕掛けることができます

[1]
WS00001.jpg
オーラスあがりトップです
上家からのリーチに間に合わないと見て
ここで片上がりの三色で仕掛けていきました

[2]
WS00002.jpg
ここで、裏目の8mをひいてしまいます
しかしこの手は、1mを落とせばタンヤオにできます
234~678の三色は、裏目を引いてもタンヤオへいけるパターンが多いです
三色がだめなら、次善策のタンヤオ狙い

[3]
WS00003.jpg
この形から、鳴ける牌はほぼ鳴きます
他家のオリうちを狙います
しかし5sはラス牌なうえ赤5sなのでなかなか出にくそうです

[4]
WS00004.jpg
これで58mノベタンでテンパイしました
5m先にひいてよw

PageTop

#1 Insurance

Insurance(インシュアランス)とは保険のことです
ブラックジャックでは、ディーラーのカードがAのとき
Insuranceを賭けるかどうかのチャンスが与えられます
Insuranceを賭けると、次に10か絵札をひいてディーラーの手が
21になったとしても保険金×2の額が戻ってきます

Insuranceを、麻雀にたとえるとどんなかんじになるでしょうか?
例えば、後付けや片上がりの仕掛けをすると
裏目をひいてフリテンになることがあります
できるだけフリテンにならないようにするために保険を賭けることがあります

東場南家 ドラ 1s
[1]
    

[2]
    

[1]で6mをひいたときを考えてみます
[3]
    
この形になれば、フリテンやクイカエを回避して5mチーや9mチーを
もう一度狙うことができます

[4]
    
[2]の形も同様に、次に6mをひいても4sを切ります
これで、フリテンを回避して58m9mチーを狙っていける形になります

[1][2]における、4mや7mがInsurance(保険)になっていることがわかります



さらに6mをひいた場合
[5]
    
この形であれば、とりあえず仮テンにとります
次に69m1sをひければOK

[6]
      
この場合、次に6mをひいても加カンすることでフリテンを回避できます

[7]
    
この形も、次に6mなら暗カンでフリテンを回避できます

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。