副露海图

麻雀の鳴きを研究するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

#8 二兎を追う

ラス目で迎えた東三局
上家とは5400点差でドラ2の手なのでどうしてもあがりたい局面です

[1]
WS00016.jpg
ここでこの2mをポンしてみます
この手のネックは1枚きれカン4sです
2mポンによって2356sでカン4sを解消
17sでも一応西バックのイーシャンテンに取れます
特に67sは567の三色もみれる形に
mが伸びた場合、トイトイの可能性もわずかに残っています


[2]
WS00017.jpg
ここで5pをチー
現時点では、カン4s3枚と西2枚の受け入れ
5pチーで3567s西の5種13枚でテンパイ

[3]
WS00018.jpg
3567s西受けのイーシャンテンから
ドラを引き入れて3s単騎でテンパイしました

[4]
WS00019.jpg
3sツモ和了で仕掛け成功しました

[1]の2mポンは、次に4sや西ポンでテンパイなのでメリットはありますが、
[2]で5pチーするためには、カン3sのツモ3枚+チー3枚より
受け入れが多くないと損します(西ポンはカンチャン3枚単騎3枚で互角)
35s縦引きだけだと4枚なので、67sの三色の受け入れがないと成立しない鳴きです

[5]
 ツモ    
[2]の形から7pポンの場合も、受けが35s西しかなくなるので窮屈な形です
先に567mあたりを引いて6pを切ってから7pポンするような形なら
例のようにトイトイへの発展も期待できます
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

('A`)

二兎も三兎も追う仕掛け大好きです(*´エ`*)タハァ
ドラが2~3枚あるタンヤオになりづらい手をきっちりあがるにはやっぱり天秤の仕掛けをきりつめていくしかないですねw

これで西アンコにして上がるあたりがかじゃけさんですw
オイラはギリギリ三色でテンパイして3s当たる人なのでw

やす君 | URL | 2008年09月14日(Sun)03:09 [EDIT]


>やすくん

ドラがある手のときに、いかにたくさんテンパイをとれるかを心掛けています
たとえば、ドラが4枚あるのに向聴数や形が悪すぎて間に合わず
ベタオリとかなるのがいやなので
仕掛けられる手にもっていくのが理想的ですね
天秤の仕掛けは、中国麻雀とかやると役の種類が多くて楽しいですw
やりすぎると、日本の麻雀で悪影響になるかもしれませんがw

かじゃけ | URL | 2008年11月02日(Sun)03:02 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。